家は住む人を表す

昨日は友達のお宅に遊びに行ってきました。小さなお子さんのいる家なので家の中が小さい子供の目線に合わせた造りになっていました。例えばつかまり立ちを始めたばかりの子供さんのためにケーブル類やテーブルの上のものはきっちりと片付けられていたり、子供さんが遊べるようにおもちゃがセッティングされていたり。。。家の内装ってその家に住んでいる家族によって本当に様々で時期によっても変わりますよね。家ってそこに住んでいる人の特徴を本当によく映し出す!私の家の内装がシンプルなのは、私がシンプルなものが好きだからです。それも私の性格の一部といえばそうなりますよね。家が映し出す、自分の一面、です。

気遣いが上手い人の家はそんなふうになっているし、面倒くさがりな人の家はちゃんとそんな風に家も物語っている。理想的にはいつ人が来ても、突然のお客さんがあっても慌てることのない、いつも綺麗に片付いて家になっていることが一番良いのですけれど!まぁ、それも手間がかかりますよね。

グローバル社会

英会話がうまくできるといいなぁと思っています。英語が話せるようになるとかっこいいし、自分の世界が広がるような気がします。そうなると毎日がもっと楽しくなりますよね。

いまどき英会話を習おうと思ったらとても簡単に英会話教室を探すことができますよね。ネットでも簡単に通いやすい教室を探すことができます。日本にいながらネイティブの先生に習うことも可能だし、スカイプで英会話のレッスンをすることも可能です。本当に英会話教室を探すのには苦労しません。でもそれで英語を習得できたとして、でも使う場所が日本はすくないように感じます。英語を話すのにはそれなりの環境が必要いなってきます。その環境が日本にはないんですよね。英語を話す場所がほとんどない、といっても過言ではないような・・・。

今は小学校でも英語を学習する時代。グローバル社会を目指している、のでしょうがでも実際に英語を使う場所が少ない!それはとっても問題だと思います。まずそこから問題改善するのが一番いいのでは、と思います。

 

保険の選び方

空き店舗が近所にあるなぁと思っていたら、次にその店舗の前をとった時には改修工事がされていました。看板にはしっかり大きく「保険の窓口」と書かれています。保険会社がここの入るのでしょうね。最近なんだか保険の店舗って街に増えたと思いませんか!?

この時代、いい保険選びをしたい人が多いのかもしれません。なんの保証も無い、ということはやっぱり不安。だから安心を買うために保険に入る人が増えてきたのでしょうね。終身保険の選び方|おすすめの見直し方法のチェックはこちらから。

保険選びのコツはやっぱりプロに任せるのが一番です。少し前までは保険のおばさんが一件一件家を回って保険のセールスをやっていましたが、今はそういう仕事はファイナンシャルプランナーが店舗でやっているのかもしれませんね。保険選びは人生の選択に少し似ています。

良い人生を送るためにもプロのアドバイスを受けに「保険の窓口」のような店舗に伺うのも良いかもしれません。

クリスマス

クリスマスでしたね。今年はクリスマス・イブということを実はすっかりと忘れていて、ケーキを買いにおかしやさんに入ったら長蛇の列。それでクリスマス・イブだったことを思い出しました。子供の頃なら絶対に誕生日とこの日だけは忘れなかったのに、大人になってプレゼントをもらわない、用意しなくてもいい年齢になった時にクリスマスのことは頭から離れていくのですね。それでも世間では彼氏や子供のためにクリスマスは大事な行事。私も季節感をなくさないためにも、こういうイベントは進んで祝いたいはずなのですが、今年のクリスマスはすっかりと忘れてしまいました。

せっかくクリスマス・イブにお菓子屋さんに入ったということで、小さなクリスマス・ケーキを買ってみました。サンタさんの乗っている、生クリームにデコレーションされたクリスマス・ケーキ。ちょっとチョコレートでコーティングされているところもあってなかなかの豪華さです。

ケーキからはじますクリスマス。特別なことは何もしませんが、こういうクリスマスがあってもいいなぁと思った一日でした。

「はらぺこあおむし」ってご存知ですか?

「はらぺこあおむし」という絵本をご存知ですか?私が子供の頃、とっても好きだった絵本です。ストーリーは単純でお腹の空いた青虫がりんごやら葉っぱなどを食べて最後には綺麗な蝶となるストーリーです。なんでもない話ですが絵がとっても綺麗な絵本です。

この「はらぺこあおむし」が密かなブームになっているようです。赤ちゃんグッツでおもちゃになっていたり、布絵本になっていたりしています。かわいいイラストの青虫がおいしいりんごを食べるというストーリーは同じですが、昔からある本にもかかわらず古臭さを感じません。すごく新鮮で新しいキャラクターに見えるから不思議です。こんなふうに親子共々楽しめるキャラクターがあるというのはいいことですね。私の友達もこの布絵本が気に入ったようで、娘ちゃんのおもちゃにと買っていました。時代が変わっても変わらない人気のある「はらぺこあおむし」。本当に人気のあるものには流行り廃りがないということを、私たちに教えてくれますね。

看護師さんの転職

私の妹は看護師として大学病院で働いています。大学病院や国立病院の看護師さんの勤務って激務らしく、毎年何人もの看護師さんが病院をちがうところに移ったり、もっと小さなクリニックに移ったり、または全く仕事を辞めてしまったりするようです。せっかくお金も時間もかけて看護師の資格を取ったのにもったいない限りです。

でも看護師さんは資格持ち。一度病院をやめたとしても復帰は簡単なようです・再就職も難しくないよう。これが資格持ちの強さですよね。看護師さんで再就職したい方たちはそういう専門のサイトを使って就職先を探しているようです。それは、看護師の就職情報はこちらから

私も幼い頃は妹のように看護師になりたかったのですが、今は全く看護とは別の仕事についています。もしあのまま看護師を目指していたら今頃私も看護師としてバリバリ働いていたんでしょうね。人生いろいろ。子供の頃とは全く想像できないような自分になっている。そんな自分にびっくりです!

冬のお気に入りゆず茶

冬に飲むお気に入りの飲み物のひとつにゆず茶があります。去年にゆず茶の存在を知ってから毎日のように飲んでいます。季節を問わず心を休めるための飲み物、コーヒーや紅茶、緑茶は文句なしにリラックスできますが、冬ならではの飲み物としてゆず茶を飲むのも心が休まってすごくいい、これに気がついてからは結構頻繁にゆず茶を飲んでいます。

ゆず茶のいいところはカフェインが入っていないところです。だから夕方に飲んでも、食後に飲んでも大丈夫。ホッとする甘さなので、茶菓子がなくても大丈夫ですよ。

私のお気にいりの過ごし方はゆず茶を飲みながら雑誌のページをめくることです。あのホッとする甘さは雑誌を読んだり好きな本を読むときにはもってこい!リラックスしながら好きなことを楽しめます!

スーパーでもよく見かけるようになったゆず茶。少々値が張るのが困ったところですが、でもジャムとしても楽しめますし、買って損はないと思います、寒い冬の一日を元気に過ごすためにゆず茶でリラックスされてみてはいかがですか?

人は外見ではないというけれど・・・

友達が髪型を変えました。

いつもはおとなしめで好感度の高い友達が何を考えたのか、一体どんな心の変化が起こったのかすごく派手な髪型にしていました。最初にその髪型を見たときはショックのあまり、絶句。前髪はパッツンですが、再度の髪の毛が片側は刈り上げで、もう片方は耳の上までの長さ。つまり左右対称の髪型じゃないんです。しかも髪の毛の色は明るめの茶色。もう驚いて言葉が出ませんでした。

その子はいつも黒髪で清楚な感じの髪型をしていて、私も髪型の通り清楚な子だと思っていたのですが、どうやら心の中には熱い炎があったようです。派手派手中身型がそれを物語っているような気がします。

髪型で人の雰囲気って本当に変わりますね。清楚な髪型をしていると清楚な人に思われ、派手な髪型だと自己主張が強い人に思われる。人は外見ではない、とはよく言われますが、でも人のイメージは外見に頼ることが多い。なんとなくそんな事と思った出来事でした。

女性のために必要なこと

男女雇用均等法があるとは言っても女性にとって前世の大部分を占めるのは仕事ではなくて育児や家族の世話。それと並行してするのが仕事。こういう考え方を持っている人は多いと思います。家事や掃除は誰か代わりにやってくれる人がいればありがたく任せられますが、育児や家族の世話というとそう簡単に誰にでも任せられる、というわけではありません。でも仕事をするということは誰にとっても大切なこと。女性にとっては仕事が社会とのドアになっていることが多いので、仕事を持っている女性にはなるべくその仕事をずっと続けて欲しいものです。

仕事と育児の両立は本当に大変です。だからこそ、そういう時に利用したいのがベビーシッターです。本当に安心できる人に自分の命よりも大切な命を任せる。信頼関係がないとできないことですよね。でも女性が仕事を続ける上では時にベビーシッターを利用することは大切なことだと思います家庭も仕事も大切、という女性のために上手にベビーシッターを使って豊かな人生を送ってもらえたら、と思います。

http://www.kaji-daikous.net/category1/entry5.html